アイタウンページは有用なのか

アイタウンページは使い方に注意しよう

アイタウンページと別の媒体を組み合わせることも大事

どのような点に気を付けるべきか

アイタウンページを利用して、優良顧客を見つけようと考えている経営者の方もいるかと思います。アイタウンページには店舗名や住所などの豊富なパーソナルな情報量が掲載されていますが、営業リスト作成で利用する際には、どのような点に注意しなければならないのでしょうか。まず、アイタウンページに掲載されている店舗などには、もう休眠しているような会社や、実体がないような会社もヒットしてしまう恐れがある点です。アイタウンページは無料で掲載出来るため、そのような会社も容易に登録でき、そういった所はほとんど活動をしていないため、削除の依頼もされることはほとんどなく、いつまでもアイタウンページ上に残ったままになることが多いです。また、実態があっても、広告費を捻出できないような所などが掲載されている可能性も高いです。そのようなところ1つ1つに営業活動を行っても効果は見込めず、時間のロスになってしまう恐れもあります。

あまりにも数が多いというデメリットも

また、アイタウンページは先述のような会社や店舗などが残されたままなので、非常に掲載数が多くなっているという点にも注意しなければなりません。自分が検索したい会社などを検索しようとすると、同じ文字列が入った目的の所以外の検索結果が多く紛れ込んでしまうことがあり、目的の所を探す手間もかかります。目的の所を見つけたとしても、電話番号が掲載されていてもFAX番号やメールアドレスが掲載されていない会社などが多いというのも難点です。電話番号だけが分かっても連絡が取れないという事はよくあることですし、そうした際に他の手段で連絡しようと思った時には、会社のホームページなどを確認したりするという手間が生じます。このようにアイタウンページを利用した営業リスト作成には、様々な注意点があります。

リスト作成には別の媒体を活用する必要も

そうした営業リストなどの作成は、先述の通りアイタウンページのみでは不十分な恐れがあったり、時間や手間がかかりすぎてしまうといった短所があります。そのような短所をカバーし、効率よく営業リストなどを作成したいといった時には、アイタウンページ以外の他の媒体も組み合わせてリスト作りをするといったことが大切になります。現在では、そのようなリストを作成するためのツールなどが色々な会社から提供されています。1つの媒体だけに頼るのではなく、サービス提供各社のツールの機能や料金などを比較し、自分の組織にぴったりのツールも活用するようにしましょう。

人気記事ランキング