賃貸物件の原状回復

賃貸物件の原状回復と壁

賃貸住宅の壁紙について

賃貸住宅に入居する際には貸主との契約が必要となりますが、その際には退去の原状回復の義務についてのチャックが必要不可欠です。一般的には借主は撤去の際に原状回復を行う義務があり、支払った敷金を充てることになります。ある程度はハウスクリーニングによって回復可能ですが、劣化の激しいものはさらに負担金額が増えることになります。しかし、壁紙や畳などは経年劣化によるダメージもあるため、長期の賃貸住居の場合は貸主の負担が増えていく仕組みになっています。故意に傷つけたり掃除をしなかった場合以外は大きな出費にならず敷金の範囲内で原状回復は可能となります。

物件の壁紙原状回復について

賃貸住宅に入居の際は退去時の原状回復について気にしながら生活する方も少なくないことでしょう。住宅では壁にポスターや額を飾ったり、壁紙を交換するなどインテリアを楽しむことに制限が設けられているとお考えの方もいらっしゃいますが、カレンダーなど画鋲でとめたりすることは生活する上で必要な場合もあります。自然な生活をする上で賃貸物件の壁に画鋲を刺すことは何ら問題ありません。壁紙の交換については使用中の壁にマスキングテープや両面テープなどを使用し、その上から好みのものをはりつけるという方法もありますので参考にしてみましょう。

↑PAGE TOP